デュタステリドの育毛効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の悩みは、男性にとっても女性にとっても非常に重要なものと言えます。
特に男性は、女性ホルモンが少ないため頭頂部から前髪にかけて抜けやすい傾向があるでしょう。
西洋人ならばまだしも、日本人の場合髪の毛が抜けることにかなり抵抗を感じている人も少なくありません。
ストレスを感じると髪の毛が抜けやすくなりますが、髪が抜けていくこと自体がストレスになってしまうことも少なくないわけです。

そこで、何らかの対策が必要になりますがそのうちの一つが育毛剤です。
育毛剤といっても、様々なものはありますのでその中から自分にとってぴったりのものを選べばそれなりに効果を出すことができるでしょう。
デュタステリドと呼ばれるものは、医薬品としても利用されており日本に上陸していない育毛剤を海外から輸入してくるようなパターンと異なり信頼できるといえます。

この効果は、一言で言えば髪の毛が増えるだけでなく一本一本の太くなる傾向があります。
髪の毛が薄い人は、単に本数が少ないだけでなく髪の毛が細くなってしまっている傾向があります。
これを太くするためには、栄養分が必要なだけでなく頭皮を適切な状態にしておかなければなりません。
この状態を維持することができれば、悩みも消えるでしょう。

実際に飲む場合には、カプセルになりますのでこれを1日0.1mg飲むのが基本になります。
実際に20歳から50歳の人たちに臨床実験をした結果、それなりの髪の毛が生えてきたことが分かっています。
今まで髪の毛が細く薄かった人が、しっかりと生えてきておりそれなりの効果が期待できるものです。
1日0.1mgが基本になりますがそれでもなかなか効果がない場合には、必要に応じて0.5mgを服用しても問題ありません。
ただ、それ以上多くのものを服用した場合副作用が出てしまう可能性があります。
現在実験でわかっているのは、0.1mgから0.5mgまで実験した結果、どちらも副作用が出ていないことがわかりました。
そのため、その範囲内ならば特に問題ないといえます。

これをのむ方法ですが、1日に一回水で飲むのが基本になります。
お茶などで飲むよりも水で飲んだ方がより効果的と言えるでしょう。
カプセルの中に粉末が入っていますので、これをかまずに飲むのが基本です。
噛んでしまうと、口の中の粘膜を刺激する可能性がありますのでそのまま飲みこむような感じで胃の中に流し込むのがよいでしょう。

注意点は、癌検査のときにこの薬を飲んでいることを申告することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*